介護士は辞めたくなって当然

介護士は辞めたくなって当然

施設で4年半働いていました。介護は実務経験3年以上で介護福祉士の資格取得試験が受けられます。その介護福祉士の資格取得の為の研修に行っている頃の話しです。

研修では、講義を聞いたり、グループワークをしたり、実技講習もありました。現場ではこうしてないか?それは一番良いやり方なのか?など話し合う時間もありました。

「利用者さんの立場になって」とか「より良い介護を」とか「介護者はこうあるべき」など、「良い」話しをたくさん聞きました。普段の自分の行動や言動を思い返してみると、反省すべき点がたくさん見えてきました。よし!こういうところを気を付けて仕事するぞ!と意気揚々現場へ戻ると、利用者さんの話を遮って自分の考えだけを話す先輩。

「何してるの、ダメダメ!」と利用者さんにダメしか言わない先輩。職員同士で集まって「あの人(利用者さんのこと)本気で無理。」「汚い、臭い」と言う先輩。帰宅願望のある利用者さんが一分と持たず「帰りたい、私は何でここにいるの。」と同じ事を繰り返します。それに対して「何回同じ事言わせるんですか!」と怒る先輩。そんな先輩しかいませんでした。

研修でどんなに良い話しをしても、現実とかけ離れているのです。

利用者さんに接する毎日は、辛いこともたくさんありました。こちらの言葉が全く伝わらず、唾を吐かれたり、叩かれたり、蹴られたり、酷いことを言われたり・・・たくさんあり過ぎてきりがないくらいです。でも、利用者さんに何かされるよりも、介護士らしからぬ先輩を見る方が辛かったのです。自分が研修で学んだことは、ここでは生かせない。そう思ってしまいました。

働いている間は、参加出来る研修には片っ端から参加しました。自分なりに勉強をして、自分なりの介護の仕方が出来る様になったつもりでした。しかし、介護は個人プレーではないのです。自分が良いと思うことだけをやればいい訳ではありません。報告、連絡、相談をして、現場の皆で話し合って仕事をしなければならないのです。尊敬できない先輩や上司の下で仕事するのはやりがいもなく、毎日ロボットの様に感情を殺して仕事してました。そうなるともう長くは続きませんでした。

同じ会社で5、6人介護福祉士の試験を受け、3人だけ受かったのですが、その3人とも辞めることになりました。資格を取った3人のうち2人は介護の仕事から離れてしまいました。介護の仕事を続ける為に介護福祉士の資格を取るはずが、いつからか介護福祉士の資格取得だけが目標になっていたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です